高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

血圧の1日の変化

血圧は1日中同じ血圧であることはなく、様々な要因で変化します。この血圧の変化を血圧日内変動といいます。この血圧日内変動には一定のリズムがあることが分かっています。

血圧日内変動の基本的なリズムは「起床前~起床後に血圧が上がる」⇒「夕方から夜にかけて血圧が下がる」⇒「睡眠中の血圧が最も低くなる」のカーブをたどります。毎日、この血圧日内変動が繰り返されます。このように、血圧は昼は高く夜は低いという基本的な血圧日内変動のカーブを示しますが、肉体的活動や精神的な要因や身体を取り巻く環境などによって、一時的に血圧が上がることもあれば血圧が下がることもあります。
肉体労働・運動・歩行・食事などで血圧は上がり、反対に睡眠中や排尿などで血圧は下がります。寒ければ血圧は上がり、反対に暑ければ血圧は下がります。精神的な興奮やストレスなども血圧を変動させる要因になります。血圧日内変動には自律神経が大きく関係していると考えられています。

 - 血圧の基礎知識

PC用

PC用

  関連記事