高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

血圧日内変動と自律神経

血圧日内変動には自律神経が密接に関わっていると考えられています。自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、体が活動的になるように働く交感神経が優位になると心拍出量と末梢神経抵抗が増して血圧が高くなり、反対に夜間や睡眠時は体を休めるよう働く副交感神経が優位になるために血圧が低くなると考えられています。

ところが、通常は血圧が正常値の場合は夜間の血圧は昼間の血圧よりも10-20%低くなるのですが、血圧日内変動のリズムが乱れていると、夜間の血圧が下がらなかったり極端に下がりすぎるパターンがあることが分かってきました。
夜間の血圧が下がらないパターンでは、脳血管障害や心肥大などの合併症や臓器の障害が起こりやすいといわれています。夜間の血圧が極端に下がりすぎる場合でも症状を伴わない脳梗塞になりやすいという研究結果があります。

血圧日内変動として早朝の血圧上昇があります。早朝は脳卒中や心筋梗塞や突然死が起きやすい時間帯です。このことからも、血圧日内変動のリズムの乱れと脳血管障害や心肥大などの合併症や臓器障害には関係があると考えられています。

 - 血圧の基礎知識

PC用

PC用

  関連記事