高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

高血圧が続くと

高血圧になると頭痛・めまい・肩こり・むくみ・動悸などの高血圧の自覚症状があるとされていますが、これらの症状は他の病気や原因によるものとの区別が難しく、高血圧特有の症状とはいえません。

高血圧で怖いのは、自覚症状がなく気付かないまま高血圧が進行してしまい、脳卒中(脳梗塞・脳出血)・心筋梗塞・腎不全などの合併症を起こしてしまうことです。高血圧が長期間続くと、脳・心臓・腎臓・目などの大切な臓器に甚大な悪影響をおよぼします。高血圧ならば血圧に注意するのは勿論ですが、これらの臓器の検査も怠らないことが大切になります。

高血圧になると・高血圧が続くと

:脳の血管は高血圧の影響を受けやすいです。脳の血管が傷んで破れれば脳出血になります。高血圧が続くと動脈硬化も進行しやすいです。血管が狭くなって詰まれば脳梗塞になります。

心臓:高血圧が続くと心臓に負担がかかります。心臓の肥大にはじまり心機能が低下して心不全のリスクが高まります。高血圧が続くと冠動脈の動脈硬化が進行しやすいです。冠動脈が狭くなったり詰まれば狭心症や心筋梗塞が起こります。

腎臓:高血圧が続くと血管が狭くなって腎硬化症に陥り腎臓の機能が低下して、遂には腎不全になり尿毒症を引き起こすことさえあります。

:眼球の眼底部の細い血管からの出血が起これば眼底出血による視力低下のリスクが高まります。

 - 高血圧の基礎知識

PC用

PC用

  関連記事