高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

高血圧と日本人

日本人の高血圧はおよそ4人に1人、50歳以上では約半数が高血圧症ともいわれています。日本の死亡原因の1位はガンですが、2位心疾患と3位脳血管疾患の2つの原因には高血圧という病気が密接に関係してます。

日本人の高血圧の原因としては食塩摂取の多い食生活が大きく影響しているといわれています。高血圧症は高血圧の状態が続いている状態で、高血圧症を放っておくと脳・心臓・腎臓などに合併症を引き起こすリスクが高まる病気です。

日本における高血圧の合併症としては心臓疾患よりも脳血管障害のほうが発症率が高いといわれています。日本人の高血圧は、遺伝的素因が外国人と同じでも、脂肪やタンパク質の摂取量が違うため、血圧を抑制する因子が比較的少なく、ナトリウムが多くカリウムが少ない食生活が高血圧を重症化させる傾向があるようです。例えば、漁村は農村に比して動物性たんぱく(魚)の摂取量が多いため高血圧の程度も低く脳卒中も少ないそうです。勿論、脂肪やタンパク質の過剰摂取は肥満や脂質異常症の原因になります。ただ、脂質異常症と血圧の関係において、脂質異常症では重症の高血圧になりにくいようです。

 - 高血圧の基礎知識

PC用

PC用

  関連記事