高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

高血圧の種類

一般的にいう高血圧は収縮期血圧と拡張期血圧の両方が高くなる高血圧で、本態性高血圧と二次性高血圧(症候性高血圧)に大別されます。日本人の高血圧症の9割がたが本態性高血圧といわれています。

遺伝因子に生活習慣などが絡んで血圧が高くなる高血圧が本態性高血圧です。明らかに血圧を高くする原因になる病気がある場合の高血圧が二次性高血圧です。これらの高血圧は収縮期・拡張期高血圧と呼ばれ収縮期血圧(上の血圧)と拡張期血圧(下の血圧)にはさほど差がありません。

収縮期・拡張期高血圧とは別に特別に分類される収縮期高血圧という高血圧があります。収縮期血圧(上の血圧)だけが高い高血圧で、動脈硬化性高血圧(老人性収縮期高血圧)や心拍出量亢進型高血圧があります。

 - 高血圧の基礎知識

PC用

PC用

  関連記事