高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

高血圧の種類と原因

高血圧の種類は本態性高血圧(原発性高血圧)と二次性高血圧に分けられます。高血圧患者の9割以上が本態性高血圧といわれています。本態性高血圧(原発性高血圧)には遺伝と環境が大きく関わりますが、原因ははっきりしません。二次性高血圧は原因になる疾患を特定できます。

本態性高血圧の原因はひとつではありません。本態性高血圧では、両親から受け継いだ遺伝素因に加えて、誕生して成長し高齢になるまでの様々な生活習慣や生活環境が絡み合って発症する高血圧です。本態性高血圧症の多くは、男性では40歳前後から、女性では更年期前後からです。両親や兄弟姉妹など血縁者に高血圧症の人が多いと高血圧症になる可能性が高いといわれています。生活環境が同じ場合、遺伝的要素が高い人はそうでない人に比べて高血圧になりやすいのですが、たとえ遺伝的要素が少ない人でも、生活環境によって高血圧になる可能性があります。

一方、二次性高血圧は高血圧の原因になる疾患がベースにあって発症する高血圧で、高血圧の原因が特定の疾患にありますから、治療や手術などで完治する可能性が高く、診断の際の鑑別が重要になります。

高血圧の種類と原因

 本態性高血圧

本態性高血圧は原発性高血圧とも呼びます。本態性高血圧の原因は、遺伝的素因と生活習慣や生活環境です。本能性高血圧の原因としての生活習慣では、塩分の過剰摂取・肥満・過剰な飲酒・過剰なストレス・寒さ・喫煙習慣・運動不足などがあげられます。

 二次性高血圧

腎臓の病気や甲状腺・脳下垂体・副腎などホルモン分泌をする臓器の病気があります。本態性高血圧に比べて血圧がより高く、原因になっている疾患の症状を伴うことが多いという特徴があります。
大動脈縮窄症・AME症候群・腎血管性高血圧・腎実質性高血圧・原発性アルドステロン症・クッシング症候群・大動脈炎症候群・甲状腺機能異常・妊娠高血圧症候群 (妊娠中毒症)

 - 高血圧の原因特徴

PC用

PC用

  関連記事