高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

高血圧と食塩感受性

日本人の高血圧の約4割が食塩感受性高血圧で、食塩を摂りすぎると血圧が上昇し、減塩をすると血圧が低下します。残りの日本人の高血圧は食塩の増減であまり血圧が変化しない食塩非感受性高血圧です。

食塩感受性高血圧は非感受性に比べて、夜間高血圧になりやすく、腎臓・心臓・脳血管を障害するリスクが高まるといわれています。食塩感受性高血圧は主に腎臓のナトリウム排泄機能と密接に関係しており、原因には遺伝・年齢・性別・肥満・腎臓病・糖尿病・ストレスなどがあります。食塩感受性は高齢になるほど高くなり、男性よりも女性のほうが高いです。

食塩で血圧が上がる食塩感受性高血圧ならば食塩の管理が重要になります。医師の指導に従った減塩をおすすめします。非感受性であっても生活習慣などで高血圧になる可能性はありますし、塩分の過剰摂取は他の病気の原因にもなりますから、感受性であっても非感受性であっても、食塩の過剰摂取は控えることが望まれます。

※日本人の高血圧の原因として、塩分摂取量の多い食事が挙げられます。低脂肪・低カロリーで栄養バランスをとりやすいとして和食が推奨されていますが、残念ながら和食は高血圧の原因になる食塩を多くむ食品が多い欠点があります。

 - 高血圧の原因特徴

PC用

PC用

  関連記事