高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

高血圧の原因になる病気

高血圧の原因になる病気があります。明らかに血圧の上昇を引き起こす原因となる病気がある場合の高血圧を二次性高血圧(症候性高血圧)と呼びます。二次性高血圧の症状の特徴は、本態性高血圧よりも血圧がより高く、原因になっている疾患の症状を伴っていることが多いことです。

高血圧の原因疾患:高血圧の症状を伴う病気

 腎性高血圧

慢性腎盂腎炎や糸球体腎炎など腎臓の病気による高血圧です。腎臓の病気で腎臓の機能が低下すると、上手く塩分や水分を体外に排泄できなくなって血圧が高くなります。また、腎臓の血管(腎動脈)の動脈硬化・先天性の異常・動脈の炎症などにより、腎臓からレニン(血圧を上げる物質)が放出されて高血圧になることがあます。

 内分泌性高血圧

臓器の機能を調整するホルモン異常の病気による高血圧です。内分泌性高血圧の原因になる病気としては、原発性アルドステロン症・クッシング症候群・褐色細胞腫・副甲状腺機能亢進症などがあります。

 血管性高血圧

大動脈縮窄症や大動脈炎症候群など血管の病気です。血流が悪くなり高血圧になります。

 神経性高血圧

神経性高血圧には、心因性(過度の緊張や心配やストレス)の高血圧、脳腫瘍や脳血管障害などの血管障害の病気で脳圧が高くなることで引き起こされる高血圧があります。

 - 高血圧の原因特徴

PC用

PC用

  関連記事