高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

子どもの高血圧の原因特徴

子どもの高血圧も、大人と同じく本態性高血圧と二次性高血圧に分けられます。子どもの本態性高血圧の頻度は低く、その殆どは軽症で特別な治療せずとも成長するにしたがって改善するとされていますが、子どもの時期に高血圧だと、そうでない子どもに比べて将来高血圧になる確率が高いです。

子どもの本態性高血圧の原因は主に食生活と運動です。子どもの二次性高血圧は大人と同じく元の病気を治すことで高血圧が改善されます。二次性高血圧の原因になるのは腎性の高血圧で、腎性高血圧や腎血管性高血圧があります。また心臓や大きな血管障害でも高血圧になります。例えば、大動脈縮窄症(生まれつき大動脈の一部が細いために高血圧が起こります)の殆どが子どもの頃に発見され手術などの治療が行われます。

子どもの高血圧に対しては親の対応が大切になります。子ども時代に高血圧の適切な対処をすることで将来の高血圧による合併症などの可能性を低くすることが重要です。

 - 高血圧の原因特徴

PC用

PC用

  関連記事