My Yahoo!に追加 Subscribe with livedoor Reader 高血圧情報館をはてなアンテナに追加はてなアンテナに追加
高血圧情報館 > 早朝高血圧

早朝高血圧の危険性

血圧が正常な人でも朝目覚める前から血圧は上がっていきます。早朝高血圧とは、早朝、起床前後に一時的に血圧が上昇した状態の高血圧のことです。高血圧は脳卒中や心筋梗塞の原因のひとつです。脳卒中や心筋梗塞は朝から午前中にかけて起こることが多く、この時間帯は早朝高血圧になっている時間帯と同じです。このことから、早朝高血圧と脳卒中や心筋梗塞とは関係があると考えられ、早朝高血圧の危険性が指摘されています。早朝高血圧には夜間高血圧から移行するタイプと朝方に急激に血圧が上昇するサージタイプがあります。特に夜間から血圧が高くなるタイプの早朝高血圧は危険性が高いといわれています。高血圧の治療をしていて日中の血圧のコントロールが上手くできている場合でも、高血圧の治療をしている患者の約半数に早朝高血圧が見られるそうです。通院時での血圧測定で早朝高血圧は発見されませんから、家庭での血圧測定が重要になります。起床直後に測った血圧が、収縮期血圧(上の血圧)/拡張期血圧(下の血圧)が135mmHg/85mmHg以上の場合は早朝高血圧が疑われます。

早朝高血圧の原因

血圧は昼は高く夜は低いという基本的な血圧日内変動を毎日繰り返しますが、早朝高血圧という朝の血圧が高いことがあります。早朝高血圧のタイプには、夜間にあまり血圧が下がらないままになだらかに血圧が上昇するノンディッパー型と、朝方に急激に血圧が上昇するモーニングサージを呈するディパー型があります。ノンディパー型の早朝高血圧の原因として糖尿病・心不全・腎臓障害・自律神経障害・睡眠時無呼吸症などが挙げられます。早朝高血圧は加齢とともにノンディッパー型が増加して脳血管疾患や虚血性心疾患のリスクが高くなります。ディパー型の早朝高血圧の原因としては、夜の飲酒・朝の慌ただしさ・前日服用した降圧薬の効果が弱くなることなどが挙げられます。モーニングサージとは血圧が早朝に急激に昇圧する現象のことです。モーニングサージの定義や評価方法はまだ確立されていないようですが、脳出血や脳梗塞などの脳血管疾患が早朝に多いのはモーニングサージが影響していると考えられています。
朝の血圧が上がる原因にコルチゾールと交感神経の2つが重なっています。目覚める頃になると脳下垂体の指示で分泌される副腎皮質ホルモン(コルチゾール)が血管を収縮させて血圧を上げて体を動かしやすくします。また、目が覚めると交感神経が活発になってノルアドレナリンが分泌されて血圧が上昇するだけでなく血管を収縮させます。このように大脳と目覚めにより早朝高血圧が起こりやすくなります。早朝高血圧に加えて、睡眠中は水分補給ができないため早朝の血液は固まりやすくなっていることなどが重なるため更に脳卒中や心筋梗塞が起こりやすい状態といえます。

※モーニングサージの発生数は月曜日が一番多く日曜日が一番少なく、月曜のモーニングサージは日曜日のおよそ2倍といわれています。血圧は気温にも左右されますから、寒い季節は朝だけでなく他の時間帯でも並べて血圧が高くなることが多いです。このことから脳や心臓の血管関連の疾患は、冬の月曜日の朝が要注意といえます。

早朝高血圧と降圧薬

高血圧の治療で高圧薬などで日中の血圧がコントロールできていても、早朝高血圧が起こっている場合があります。高血圧の治療を受けている約半数の患者に早朝高血圧見られるそうです。この早朝高血圧の原因は、服用している降圧薬の効果が24時間続いていないか、とりわけ朝の血圧が高いことが考えられます。起床前後に血圧が高くなっていくのは、血圧の調整を行う交感神経が目覚めとともに活発になるからです。通院では早朝高血圧を見つけることは難しいため、家庭血圧測定が重要になります。高血圧の治療をしていて朝の血圧が高いい場合は医師に相談する必要があります。家庭血圧測定で起床直後の血圧で、上の血圧135mmHg/下の血圧85mmHg以上の場合は、早朝高血圧が疑われます。早朝高血圧を治すには昼間の血圧だけを下げすぎても好ましくなく、家庭血圧値を見ながら調節することになります。48時間作用するタイプの降圧薬は24時間毎の服用で朝の血圧も下がり、朝だけ上がる人は、夜寝る前に降圧薬を服用すると効果があるといわれています。

早朝高血圧の治療

早朝高血圧の治療は、生活習慣の改善や運動などで血圧が下がらない場合に降圧薬を服用することになります。早朝高血圧に用いられる薬物療法としては、朝の血圧上がるメカニズムに効果的な薬と、24時間効果が持続する薬が主に用いられます。1種類の薬から始めて薬の効果の見ます。その高血圧の薬の効果が不十分ならば、性質や種類の違う薬を組合せたり服用回数を増やしたりといった治療を検討し治療を進めていくことになります。早朝高血圧の場合は、病院での血圧測定では早朝高血圧を発見することはできませんし、家庭血圧測定の結果が治療の目安になります。早朝高血圧の治療経過を見るためには、家庭血圧測定を継続して行うことが大切になります。
■早朝高血圧の治療:早朝に血圧が上がるメカニズムに効果的とされる薬
高血圧には体内のレニンアンジオテンシン系(RA系)という酵素・ホルモン系が深く関与しているといわれています。
○アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB):アンジオテンシンII(血圧を上昇させるホルモン)の作用を抑える薬です。利尿薬で副作用を相殺するとされ、高い効果が得られる薬剤とされています。
○アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬:アンジオテンシンIIが合成されるのを阻害する薬です。副作用として空咳があることがあります。
○α遮断薬:血管を収縮させる交感神経の働きを抑えて血圧を下げる薬です。副作用として、急に立ち上がったときに眩暈(めまい)やふらつきが起こることがあります。
■早朝高血圧の治療:24時間効果が持続する薬
1日1回の服用で効果が不十分な場合には、朝と夜の2回に分けて服用することもあります。
○カルシウム拮抗薬:血管を拡張させて血圧を下げます。安全性が高く確実に血圧を下げるとされています。よく用いられる薬ですが、顔のほてりや紅潮・動悸・むくみなどの副作用が現れることがあります。
○利尿薬:尿として体内の塩分や水分の排泄を促して血圧を下げます。高熱・下痢・嘔吐のときは脱水に注意が必要ですし、痛風・高尿酸血症・糖尿病に悪い影響を与えることがあります。

早朝高血圧の予防対策

早朝高血圧の予防対策は日頃の血圧のコントロールが先決です。そのために家庭血圧測定を行い自分の血圧を把握します。そして、塩分を控える・野菜をたくさんとる・肥満にならないようにする(既に肥満ならば肥満解消)・1日10分~30分以上の息切れしない程度の運動をするなど生活習慣を整えることが大切です。家庭血圧測定の結果で早朝高血圧が疑われるなら、医師の診断をきちんと受けて、必要ならば降圧薬の服用を始めるなどの適切な早朝高血圧の治療をしましょう。朝高血圧の人は朝起きたときは特に注意が必要です。急激な血圧上昇を促がすような行動は避けましょう。特に冬の寒い季節は脳卒中のリスクが高いです。
■早朝高血圧の対策:起床の仕方
目覚めても暫らくは安静にした後に起き出すのがよいです。起床後は余裕をもって行動します。
○目覚めたらすぐに起き上がらずに、10分間くらいは安静にして手足を軽くストレッチしてから、ゆっくりと起き上がります。
○起きてすぐにトイレにいったり、冷たい水で顔を洗ったりしない(交感神経を刺激してしまい急激な血圧上昇に繋がります。)
■早朝高血圧の対策:寒い季節の起床の仕方
急の温度変化に注意しましょう。
○寝具から出たらすぐに暖かいものを着ます。
○起床時刻に部屋が暖かい状態になるように暖房をタイマー調節します。

「早朝高血圧」のコメントについて

「早朝高血圧」に関するコメントを記事別に募集しています。より有益なサイトになるように「早朝高血圧」情報をお願いします。

「早朝高血圧」のトラックバックについて

各記事のトラックバックは「早朝高血圧」に関するもののみ受け付けます。トラックバックしていただく記事を「早朝高血圧」のアンカーテキストでリンクしていただけるとありがたいです。(相互リンク)

「早朝高血圧」に関連サイトとの相互リンクについて
このサイトは相互リンク募集中です。「高血圧情報館」に関連するサイトでしたらOKです。