高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

早朝高血圧の危険性

血圧が正常な人でも朝目覚める前から血圧は上がっていきます。早朝高血圧とは、早朝、起床前後に一時的に血圧が上昇した状態の高血圧のことです。高血圧は脳卒中や心筋梗塞の原因のひとつです。脳卒中や心筋梗塞は朝から午前中にかけて起こることが多く、この時間帯は早朝高血圧になっている時間帯と同じです。このことから、早朝高血圧と脳卒中や心筋梗塞とは関係があると考えられ、早朝高血圧の危険性が指摘されています。

早朝高血圧には夜間高血圧から移行するタイプと朝方に急激に血圧が上昇するサージタイプがあります。特に夜間から血圧が高くなるタイプの早朝高血圧は危険性が高いといわれています。
高血圧の治療をしていて日中の血圧のコントロールが上手くできている場合でも、高血圧の治療をしている患者の約半数に早朝高血圧が見られるそうです。通院時での血圧測定で早朝高血圧は発見されませんから、家庭での血圧測定が重要になります。起床直後に測った血圧が、収縮期血圧(上の血圧)/拡張期血圧(下の血圧)が135mmHg/85mmHg以上の場合は早朝高血圧が疑われます。

高血圧の治療をしていて朝の血圧が高いい場合は医師に相談する必要があります。早朝高血圧を治すには昼間の血圧だけを下げすぎても好ましくなく、家庭血圧値を見ながら調節することになります。

 - 早朝高血圧の原因治療対策

PC用

PC用

  関連記事