高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

早朝高血圧の原因

血圧は昼は高く夜は低いという基本的な血圧日内変動を毎日繰り返しますが、朝の血圧が高いことがあります。早朝高血圧です。早朝高血圧のタイプには、夜間にあまり血圧が下がらないままになだらかに血圧が上昇するノンディッパー型と、朝方に急激に血圧が上昇するモーニングサージを呈するディパー型があります。

ノンディパー型の早朝高血圧の原因として糖尿病・心不全・腎臓障害・自律神経障害・睡眠時無呼吸症などが挙げられます。早朝高血圧は加齢とともにノンディッパー型が増加して脳血管疾患や虚血性心疾患のリスクが高くなります。
ディパー型の早朝高血圧の原因としては、夜の飲酒・朝の慌ただしさ・前日服用した降圧薬の効果が弱くなることなどが挙げられます。モーニングサージとは血圧が早朝に急激に昇圧する現象のことです。モーニングサージの定義や評価方法はまだ確立されていないようですが、脳出血や脳梗塞などの脳血管疾患が早朝に多いのはモーニングサージが影響していると考えられています。

朝の血圧が上がる原因にコルチゾールと交感神経の2つが重なっています。目覚める頃になると脳下垂体の指示で分泌される副腎皮質ホルモン(コルチゾール)が血管を収縮させて血圧を上げて体を動かしやすくします。また、目が覚めると交感神経が活発になってノルアドレナリンが分泌されて血圧が上昇するだけでなく血管を収縮させます。
このような早朝高血圧が起きやすいメカニズムに加えて、睡眠中は水分補給ができないため、血液は固まりやすくなっていることなども重なって、更に脳卒中や心筋梗塞が起こりやすい状態です。

※モーニングサージの発生数は月曜日が一番多く日曜日が一番少なく、月曜のモーニングサージは日曜日のおよそ2倍といわれています。血圧は気温にも左右されますから、寒い季節は朝だけでなく他の時間帯でも並べて血圧が高くなることが多いです。このことから脳や心臓の血管関連の疾患は、冬の月曜日の朝が要注意です。

 - 早朝高血圧の原因治療対策

PC用

PC用

  関連記事