高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

早朝高血圧の治療・降圧薬

高血圧の治療で降圧薬などで日中の血圧がコントロールできていても、早朝高血圧が起こっている場合があります。高血圧の治療を受けている約半数に早朝高血圧見られるそうです。この早朝高血圧の原因は、服用している降圧薬の効果が24時間続いていないか、とりわけ朝の血圧が高いことが考えられます。

早朝高血圧の治療では、生活習慣の改善や運動などで血圧が下がらない場合に、降圧薬を服用することになります。早朝高血圧に用いられる薬物療法としては、朝の血圧上がるメカニズムに効果的な薬と、24時間効果が持続する薬が主に用いられます。1種類の薬から始めて薬の効果の見ます。その高血圧の薬の効果が不十分ならば、性質や種類の違う薬を組合せたり服用回数を増やしたりといった治療を検討し治療を進めていくことになります。

早朝高血圧の場合は、病院での血圧測定では早朝高血圧を発見することはできませんし、家庭血圧測定の結果が治療の目安になります。早朝高血圧の治療経過を見るためには、家庭血圧測定を継続して行うことが大切になります。

早朝高血圧の治療薬

 早朝に血圧が上がるメカニズムに効果的とされる薬

高血圧には体内のレニンアンジオテンシン系(RA系)という酵素・ホルモン系が深く関与しているといわれています。

○アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB):アンジオテンシンII(血圧を上昇させるホルモン)の作用を抑える薬です。利尿薬で副作用を相殺するとされ、高い効果が得られる薬剤とされています。

○アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬:アンジオテンシンIIが合成されるのを阻害する薬です。副作用として空咳があることがあります。

○α遮断薬:血管を収縮させる交感神経の働きを抑えて血圧を下げる薬です。副作用として、急に立ち上がったときに眩暈(めまい)やふらつきが起こることがあります。

 24時間効果が持続する薬

1日1回の服用で効果が不十分な場合には、朝と夜の2回に分けて服用することもあります。

○カルシウム拮抗薬:血管を拡張させて血圧を下げます。安全性が高く確実に血圧を下げるとされています。よく用いられる薬ですが、顔のほてりや紅潮・動悸・むくみなどの副作用が現れることがあります。

○利尿薬:尿として体内の塩分や水分の排泄を促して血圧を下げます。高熱・下痢・嘔吐のときは脱水に注意が必要ですし、痛風・高尿酸血症・糖尿病に悪い影響を与えることがあります。

 - 早朝高血圧の原因治療対策

PC用

PC用

  関連記事