高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

早朝高血圧の予防対策

早朝高血圧の予防対策は日頃の血圧のコントロールが先決です。そのために家庭血圧測定を行い自分の血圧を把握します。そして、塩分を控える・野菜をたくさんとる・肥満にならないようにする(既に肥満ならば肥満解消)・1日10分~30分以上の息切れしない程度の運動をするなど生活習慣を整えることが大切です。

家庭血圧測定の結果で早朝高血圧が疑われるなら、医師の診断をきちんと受けて、必要ならば降圧薬の服用を始めるなどの適切な早朝高血圧の治療をしましょう。

早朝高血圧の対策・起床の仕方

朝高血圧の人は朝起きたときは特に注意が必要です。急激な血圧上昇を促がすような行動は避けましょう。特に冬の寒い季節は脳卒中のリスクが高いです。

目覚めても暫らくは安静にした後に起き出すのがよいです。起床後は余裕をもって行動します。

  • 目覚めたらすぐに起き上がらずに、10分間くらいは安静にして手足を軽くストレッチしてから、ゆっくりと起き上がります。
  • 起きてすぐにトイレにいったり、冷たい水で顔を洗ったりしない(交感神経を刺激してしまい急激な血圧上昇に繋がります。)

寒い季節の起床の仕方では、急の温度変化に注意することが大切です。

  • 寝具から出たらすぐに暖かいものを着ます。
  • 起床時刻に部屋が暖かい状態になるように暖房をタイマー調節します。

 - 早朝高血圧の原因治療対策

PC用

PC用

  関連記事