高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

高血圧と脳梗塞

脳血管障害(脳卒中)の最大の危険因子は高血圧です。日本人の脳卒中の約6割が脳梗塞といわれており、かつては脳軟化症とも呼ばれた脳梗塞の発症頻度は残念ながら増加傾向にあり、発症する年齢も高齢化しています。

脳梗塞では詰まった血管の場所によって知覚障害・運動障害・意識障害など様々な症状が現われます。脳の血管が詰まってその先の脳細胞が壊れるのが脳梗塞で、高血圧が深く関与してます。脳梗塞にはラクナ梗塞・アテローム血栓性梗塞・心原性塞栓症があります。ラクナ梗塞は日本人の脳梗塞の約半数を占めるといわれています。

脳梗塞の種類

 ラクナ梗塞

ラクナ脳梗塞は日本人に最も多い脳梗塞です。ラクナ脳梗塞とは、長い間高血圧によって脳の細い動脈が痛めつづけられて破れないまでも徐々に詰まって脳の深部に小さな梗塞ができる脳梗塞で、高齢者に多いです。ラクナ脳梗塞は症状が現われないことも多いため無症候性脳梗塞ともいいます。ラクナ脳梗塞の症状の進行は極めてゆっくりで、朝起きたら手足の痺れや言葉が話しにくいといった症状で気付くことも多いようです。

 アテローム血栓性梗塞

アテローム血栓性梗塞とは、頚動脈や頭蓋内の比較的太い動脈にできた血栓が、血流にのって流れ着いた先の血管を詰まらせてしまう脳塞栓です。アテローム血栓性梗塞は欧米人に多い脳梗塞ですが、最近は日本人にも増えています。アテローム血栓性梗塞の原因は、アテローム硬化(粥状硬化)とよばれる頚動脈や頭蓋内の比較的太い動脈の硬化です。血管内でコレステロールが粥状に固まったようになっているアテロームができると、血管が狭くなったり血栓ができたりします。血栓ができたところの血管が詰まったり、血栓がは剥がれてたどり着いた先で詰まったりします。

 心原性塞栓症

心原性塞栓症とは、心臓や頸動脈などの太い血管でできた血栓(血の塊)が、血流にのって運ばれた先の脳の血管を塞いでしまう脳梗塞です。心原性脳梗塞の症状の多くは強く生命が脅かされることも多いです。心原性塞栓症の原因になる病気として心房細動・リウマチ性心臓弁膜症・心筋梗塞・心筋症などが挙げられます。

※脳卒中の危険因子(リスクファクター)の一番は高血圧ですが、糖尿病・心臓病・不整脈・高脂血症・喫煙も危険因子です。

 - 高血圧の合併症

PC用

PC用

  関連記事