高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

高血圧と狭心症

高血圧になると動脈硬化を促進します。高血圧が長く続くことで動脈硬化が進んで血液の流れが悪くなります。すると、心臓の筋肉に酸素や栄養が十分に供給できなくなって狭心症のリスクが高まります。狭心症から心筋梗塞に移行することが多いといわれています。

狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患にならないまでも、高血圧の状態が続くこと自体が心臓に過大な負担をかけて心臓肥大や心不全のリスクも高めます。高血圧と診断されたなら適切な高血圧の治療が大切なのはいうまでもありませんが、高血圧の予防対策が転ばぬ先の杖になります。

狭心症の症状は、締め付けられるような重苦しさ・圧迫感・激しい胸痛などの発作で、1~5分または長くて30分以内発作が持続します。

狭心症の原因は血管狭窄や冠動脈の一時的な痙攣です。狭心症の治療としてニトログリセリンがあり、多くのケースで顕著な効果が現われます。

狭心症には労作性狭心症と安静時狭心症があります。
前者の狭心症は体を動かしているときに胸痛や圧迫感などの発作が起こる狭心症です。動脈硬化で冠動脈の狭窄が起こっているところに運動などで心臓の筋肉が酸素不足になった結果、発作として胸痛や圧迫感などの狭心症の症状が起こります。
後者の狭心症は静かにしているときや就寝中に起こる発作です。この狭心症の原因は冠動脈の痙攣ですが、夜間から早朝にかけて発作が起こることが多いのが特徴的です。
体を動かしているときでも静かにしているときでも発作が起こることも多く、これを労作兼安静時狭心症と呼びます。

※高血圧に関係がある心臓病として狭心症・心筋梗塞・心肥大・心不全などがあります。狭心症と心筋梗塞を代表とする心疾患を、虚血性心疾患と呼んでいます。

※狭心症と心筋梗塞の大きな違いは、狭心症の場合は一時的に心臓に供給される血液が減りますが心筋細胞は死なずに回復するのに対して、心筋梗塞は心臓への血流が長く途絶えることで心筋細胞が死んで回復しないことにあります。

 - 高血圧の合併症

PC用

PC用

  関連記事