高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

高血圧と心筋梗塞

高血圧などが原因で、心臓に血液を送る冠動脈が、動脈硬化などによって、狭窄や血栓で血管が完全に塞がって血液が通らなくなると、塞がった先の血管から栄養や酸素を供給されていた心臓の細胞が死んでしまいます。これが心筋梗塞です。
必然的に心臓の機能が低下しますから心不全のリスクが高まり、心筋梗塞に不整脈などの合併症が起こると、生命に関わる重篤な状態に陥る危険があります。

心筋梗塞の症状は、締め付けられるような激しい痛みや不安感や重症感などです。心筋梗塞の発作が起きると15分以上症状が持続し、時には数時間続くこともあります。心筋梗塞は狭心症と同じ場所に症状が現われますが、心筋梗塞は狭心症よりも突発的かつ激しく持続時間も長いです。時には冷や汗や失神してしまうこともあります。

高血圧は虚血性心疾患の大きな危険因子(リスクファクター)ですが、肥満、高コレステロール血症、糖尿病、喫煙などの大きく関与しているとされています。高血圧だけでなく他の危険因子を取り除くことも重要です。

※高血圧に関係がある心臓病として狭心症・心筋梗塞・心肥大・心不全・などがあります。狭心症と心筋梗塞を代表とする心疾患を虚血性心疾患と呼んでいます。

※狭心症と心筋梗塞には、大きな違いがあります。狭心症の場合は一時的に心臓に供給される血液が減りますが、心筋細胞は死なずに回復します。ところが、心筋梗塞は心臓への血流が長く途絶えることで、心筋細胞は死んで回復することはありません。

 - 高血圧の合併症

PC用

PC用

  関連記事