高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

高血圧と心肥大・心不全

高血圧そのものは自覚症状が少ないため、気づかぬうちに高血圧による心肥大になっていたり更には心不全を悪化させていることも少なくありません。心肥大になっていても高血圧の治療を根気強く続けることで心肥大を改善したり心肥大の進行を抑えることが可能です。先ずは検診で血圧を確認するだけでなく家庭血圧計で家庭血圧測定をすることをおすすめします。高血圧による心臓病の予防対策への一歩になります。
高血圧性心疾患とは、長い間の高血圧が原因で左心室の壁に肥大が起こり、心機能に障害が起こる疾患です。左心肥大が引き起こす左心不全になると、静脈の血流悪化による浮腫み(むくみ)や、肺静脈に血液がたまることで疲れやすい・動悸・息切れの症状が出てきます。更に症状が進めば肺水腫(肺に水が溜まる)による呼吸困難の発作をおこすこともあります。高血圧性心疾患においては、心臓の左心室は血圧より高い圧力が必要なため、高血圧が持続すれば左心室の負担は大きくなります。⇒心筋細胞は数を増やせないため細胞自体が大きくなり細胞間の繊維組織も増加して左心室の壁が厚くなって、左室肥大と呼ばれる状態になります。⇒左室肥大により冠動脈や毛細血管に異常が現われます。(冠動脈の粥状動脈硬化、小動脈の中膜肥厚、末梢の細動脈の血流不足)⇒肥大した心筋は高血圧の更なる負荷で拡張して最終的に心不全に進行します。高血圧は冠動脈硬化の危険因子でもあるため虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)も合併しやすく、合併すると心機能の低下を促がして左心不全を発症しやすくなります。そのため、高血圧性心疾患ではうっ血性心不全や虚血性心疾患の症状がでてきます。症状としては息切れ・不整脈・動悸・咳・疲労・脱力感・失神・胸痛などです。

※心不全とは、病名ではなく、心臓の機能が衰えた状態をあらわす症候名です。心不全の原因・病態・分類・経過は様々です。

 - 高血圧の合併症

PC用

PC用

  関連記事