高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

高血圧と糖尿病

高血圧と糖尿病は互いに悪影響しあって動脈硬化を加速させます。高血圧と糖尿病が互いに合併しやすい原因のひとつとして考えられるのは、高血圧症と糖尿病に共通してインスリン抵抗性という因子があることです。

糖尿病の合併症である糖尿病性腎症の場合、腎症は血圧を上昇させ、高血圧は腎症を進行させるという関係があります。2型糖尿病の人はそうでない人に比べて高血圧の合併頻度は約2倍、心疾患や脳血管疾患に与える糖尿病と高血圧の危険度は、健康な人が危険度1として、高血圧で2~3倍、糖尿病で2~3倍、高血圧と糖尿病の両方がある場合は6~7倍といわれています。

高血圧と糖尿病、高血圧と糖尿病の合併症は深く関わりあっていますから、血糖値と同じく血圧のコントロールが重要です。糖尿病(2型糖尿病)の人は肥満であることも多く高血圧になりやすいです。肥満の場合は、自律神経のひとつである交感神経が緊張して血圧を上げるホルモン(アドレナリン、ノルアドレナリンなど)が多く分泌されるため高血圧に繋がります。肥満ならば生活習慣を見直して改善する必要があります。

 - 高血圧の合併症

PC用

PC用

  関連記事