高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

高血圧と網膜症

高血圧症は網膜の血管にも異常な変化をもたらします。変化の程度によって高血圧性眼底・高血圧性網膜症・網膜動脈硬化症などとよびます。高血圧が原因と考えられる目の病気の代表的なものが高血圧性網膜症です。高血圧の状態が長期間続くと網膜の血管に変化が現われてきます。よくみられる変化は、網膜の動脈の所々または全体が細くなったりします。このような軽度であれば高血圧性眼底とよび、変化の度合いがひどくなって網膜に出血・白斑・浮腫(むくみ)の症状が現れている状態を高血圧性網膜症といいます。高血圧による網膜動脈の動脈硬化による変化もあります。血管壁が弾力性を失って徐々に硬くなってなっていくのが網膜動脈硬化症です。

高血圧性網膜症は「高血圧の治療が早急に必要」という警告です。高血圧性網膜症の症状といっても自覚することが殆どありません。そして、殆ど自覚症状がないまま進行してしまいます。高血圧性網膜症の治療は主に血圧のコントロールで、眼科的療は重症にならないと行われないようです。重症の高血圧が放置されたための細動脈硬化性網膜症といった広範囲の網膜の障害がなければ、一時的な視力低下があっても眼科できちんと検査を受けていればそれ程心配することはないようです。

眼底の血管に異常がある状態は他の血管も高血圧の悪影響が及んでいる可能性が高く、網膜血管の異常の程度と脳梗塞や心筋梗塞の発作の頻度には関連があるといわれています。眼底は外から血管の状態を観察できる唯一の場所です。高血圧と診断されたら定期的に眼底検査を受けましょう。高血圧性網膜症の早期発見早期治療だけでなく、他の高血圧の合併症の予測が可能です。

 - 高血圧の合併症

PC用

PC用

  関連記事