高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

高血圧と頭痛

高血圧だからといって必ず頭痛があるわけではありませんが、高血圧症になると頭痛が起こりやすい、とりわけ起床直後に起こりやすいといわれています。高血圧が頭痛を起こす原因ははっきり分かっていないのですが、脳血管の拡張が原因で、血圧が上昇すると脳内の急に拡がった太い血管が脳内の神経を刺激して頭痛として感じると考えられています。起床直後に起きやすい頭痛の原因は、睡眠中に脳に蓄積された炭酸ガスを排出しようとして脳の血管が急に広がるからと考えられています。

頭痛といってもさまざまですが、初期の高血圧症の場合は後頭部が痛いとか重いといった表現をするようです。また、自分が高血圧であることを知っているかどうかも影響するようです。同等の高血圧でも、自分が高血圧と知らない場合は頭痛を訴える頻度が低いといわれています。自分が高血圧と知っている場合の頭痛は心因性の頭痛が多いと考えられます。

高血圧でない人でも頭痛とは無縁ではありません。高血圧症でない正常血圧の人でも血圧が急上昇すると頭痛が起こることがあるといわれていますし、血圧上昇後の血圧が正常値であっても血圧の変動幅が大きければ頭痛が起こりやすいといわれています。
ただし、高血圧の頭痛には稀に危ない高血圧の症状であることがありますから、頭痛が続くならば病院で診てもらうことをおすすめします。特に注意したい頭痛としては、朝や寝起きに痛む頭痛、突然の激しい痛みで吐き気を伴う頭痛、手足の痺れや麻痺を伴う頭痛です。

※高血圧で肩こり・眩暈(めまい)・耳鳴りを訴えるケースがありますが、頻度は低いようです。

 - 高血圧症の症状

PC用

PC用

  関連記事