高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

高血圧の治療の基本

高血圧の治療の基本は、なんといっても生活習慣の改善です。生活習慣病ともいわれる本態性高血圧の原因には遺伝因子と環境因子が絡み合っているからです。食事療法や運動療法のほかに、高血圧の危険因子となりうる生活習慣を改めます。そして、日常生活で血圧を上げるような行動に注意することも大切です。

本態性高血圧の治療の基本として上げられる事柄は、高血圧の予防法にもなります。家族歴などがあるならば高血圧と診断される前に高血圧予防対策として食事療法・運動療法などを日常生活に組み込むことが望まれます。

本態性高血圧の治療の基本

食事療法
食塩の摂取量制限、ナトリウム排泄を促がすカリウムに富む食物(果物や野菜)の積極的な摂取、コレステロール・飽和脂肪酸の摂取制限などを行います。適正体重の維持も重要で、肥満ならばカロリー制限を行います。

運動療法
適度な運動は心身をリラックスさせて血圧を低下させます。

高血圧の危険因子の除外
禁煙、アルコール摂取量の制限などを行います。

 - 高血圧症の治療法

PC用

PC用

  関連記事