高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

高血圧の運動療法

適度な運動には血圧を下げる効果があります。高血圧の運動療法、つまり高血圧に効果がある運動は酸素を取り入れながら行う有酸素運動です。軽症高血圧ならば薬治療を行わずに食事療法と運動療法で血圧を下げる可能性もあります。

有酸素運動は高血圧だけでなく脂質異常症・糖尿病・肥満などの生活習慣病全般に効果のある運動です。ただし運動療法で下がっていた血圧も、運動を止めるとまた上がってしまいますから、適度な運動を無理せずに継続することが重要なポイントになります。
有酸素運動は血圧の治療法として効果が高いのですが、始める前に必ず医師に相談すること、そして運動中に体に異常を感じたら即中止して早めに医師に相談することです。

高血圧に効果的な運動の目安

有酸素運動は、1回あたり30分以上の有酸素運動をできれば毎日行うのが理想的です。一般的に高血圧や肥満の治療を目的とした場合、150キロカロリー/1日の運動量が基準になります。これはおにぎり1個分に相当するカロリー量で、これを消費するには30-40分のウォーキングが必要です。

※運動には有酸素運動(エアロビクス)と無酸素運動(アネロビクス)があります。有酸素運動にはウォーキング・サイクリング・水泳などがあります。無酸素運動は筋トレなど一瞬息を止めて力を入れる運動で、一時的に血圧を上昇させてしまいます。無酸素運動は高血圧の人には危険です。

 - 高血圧症の治療法

PC用

PC用

  関連記事