高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

高血圧の薬物療法

高血圧の薬物療法は降圧薬(血圧を下げる薬)を用いる治療です。食事療法や運動療法などによる生活習慣の修正では血圧が下がらない場合や、リスクが多く最初から降圧薬による治療が必要と診断された場合に降圧薬による薬物療法が行なわれます。

降圧薬の種類は様々で、各々作用の仕方や使用目的が異なります。降圧薬(血圧を下げる薬)の種類や用量などは、血圧の状態・年齢・合併症などを考慮して決定されます。2-3ヶ月降圧薬を服用しても降圧目標値まで血圧が下がらない場合は、薬の量を増やしたり薬の種類を変えたりします。

高血圧の薬物療法では、医師の指示通りに降圧薬を飲み続けて、降圧薬の効果を出したり副作用を防ぐことが大切です。自己判断で勝手に薬を止めたりしてはいけません。医師から薬についての説明をキチンと受けて、降圧薬の副作用が現われら速やかに医師にその旨を知らせることも大切です。

高血圧の薬物療法(降圧薬)でよく用いられる薬には、降圧利尿薬・カルシウム拮抗薬・ARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)・ACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬)・β遮断薬・α遮断薬などがあります。

 - 高血圧症の治療法

PC用

PC用

  関連記事