高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

降圧剤と食品の関係

高血圧の薬物療法(降圧薬)でよく用いられる薬の種類は、降圧利尿薬、交感神経遮断薬のα-遮断薬やβ-遮断薬、血管拡張薬、Ca(カルシウム)拮抗薬、ACE(アンジオテンシン変換酵素)阻害剤など様々です。高血圧の重症度や合併症があるかないかなどリスクの度合いに応じて最適と考えられる高血圧の薬物療法(降圧薬)が選択されます。
ただし、高血圧の薬物療法において、降圧薬の他薬剤や食品との相互作用により副作用が現われることがありますから、他の薬との併用やと食品の組合せには注意が必要です。高血圧以外の治療に服用している薬があれば医師に正確に伝えて、食品に関しては患者だけでなく家族も十分に注意を払うことが大切です。

β-遮断薬は、アルコールと一緒の服用や喫煙で効果が殆ど期待できない反面、胃腸薬と併用すると効果が増して除脈や心不全を起すことがあります。血管拡張薬の塩酸ヒドララジンを服用している場合は、亜鉛が多く含まれる牡蠣やカボチャを食べ過ぎると、頭痛・頻脈・起立性低血圧などの副作用の症状が起こりやすくなるといわれています。Ca(カルシウム)拮抗薬の塩酸ベラパミンでは、グレープフルーツジュースで服用すると、動悸・吐気・急激な血圧低下・めまい(眩暈)・意識消失を起こすことがあります。

 - 高血圧症の治療法

PC用

PC用

  関連記事