高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

女性の高血圧の治療

女性の高血圧が問題になるのは特に更年期以降と妊娠中です。女性ホルモンが血管の収縮や老化を防いだり、水分やナトリウム排泄を促がします。その女性ホルモンが減少したりバランスが崩れる更年期以降や妊娠中に高血圧の問題が現われやすくなります。経口避妊薬(ピル)を服用している場合も血圧は高くなる傾向があります。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)

妊娠中毒症と呼ばれてきた病態の本体は高血圧であることから、妊娠高血圧症候群と改められています。妊娠中はホルモンバランスが変わりやすく肥満になりやすいため、血圧が上がりやすい状態です。WHOガイドラインによると、140/90mmHg以上、または妊娠前または妊娠初期と比較して最低血圧が+25mmHg以上か最低血圧が+15mmHg以上を妊娠性高血圧としています。
妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の治療は、減塩や適度な食事量で高血圧の治療になりますが、妊娠中の高血圧が進むと降圧薬を使用することになります。使用可能な降圧薬も限られますし、使用も慎重でなければなりません。重度の妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)になると入院することになります。肥満予防が妊娠中の高血圧予防になります。妊娠中の最終的な体重増加は、標準体重の人は8kg以内、多くて10kg以内に抑えて太り過ぎないようにします。腎臓疾患をもつ妊婦は高血圧になりやすい傾向があります。その場合は、高血圧だけでなく浮腫み(むくみ)やタンパク尿も同時に見られます。

更年期以降の高血圧

更年期以降は女性ホルモンが激減しますから、男性と同様に高血圧に注意しなけれななりません。

 - 高血圧症の治療法

PC用

PC用

  関連記事