高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

高血圧に良いDASH食とは

DASH食とはアメリカで考案された高血圧の治療食で、アメリカで高血圧改善に成果を上げている高血圧の食治療法です。DASH食の特徴は、野菜や果物・木の実・豆・魚・全粒粉のパンなどを多く摂って牛肉や豚肉・甘い菓子やソフトドリンクを控えることで、飽和脂肪酸・総脂肪・コレステロールが低く、カリウム・カルシウム・マグネシウム・食物繊維・たんぱく質を多く摂取できるようになっている食事療法です。つまり高脂肪・高カロリーな欧米の食事を低脂肪・低カロリーな食事にする食事療法です。この食事療法には塩分制限は含まれていませんが、塩分制限を加えると更に血圧を下げる効果があるとされています。

アメリカの食生活と日本の食生活には違いがありますから、一概にDASH食が日本人の高血圧の食事療法になりうるかどうかは疑問が残ります。米を主食にして野菜・豆類・魚介類・海草などを食べる日本の伝統的な食事はDASH食に似ているようです。確かに、現代人の栄養素摂取量を比較すると、炭水化物・脂質・タンパク質の摂取割合はDASH食に近いです。一方で、DASH食よりもカリウム・マグネシウム・カルシウムが少なく、ナトリウムが多いです。また、DASH食で注意すべき点は、DASH食は高血圧以外に病気がないことが前提になっています。腎障害、肝障害、その他の合併症などがある場合は、DASH食が逆に有害となることもありますから、高血圧の合併症があるならば医師に相談することをお勧めします。

※DASH: 「Dietary Approaches to Stop Hypertension」の略。

 - 高血圧の食事

PC用

PC用

  関連記事