高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

高血圧の外食の注意

高血圧を予防したり改善するには栄養バランスや減塩を基本にした食事対策が大切ですから、高血圧予防や改善には家庭での食事だけでなく外食料理にも注意が必要です。

外で仕事をしていると、昼食は外食で済ませることも多くなります。外食の献立は野菜が少なく栄養のバランスも良いとはいえませんし、塩分が多く含まれている料理が多いことが高血圧の予防や改善の壁になっています。ですが、外食するにしてもできるだけ減塩を心掛けましょう。

高血圧予防と外食の注意ポイント

  • 外食は1日1回までにして、家庭での食事で減塩のバランスをとります。
  • 外食はできるだけ塩分の少ない料理を選びます。
  • ラーメンやそばなど麺類の汁は全部飲まずに残します。
  • 丼など栄養が偏るメニューを避けて、野菜の多い定食にして、味噌汁は半分残して、漬物はできれば食べないようにします。
  • 寿司・チャーハン・ピラフなど味の付いている主食は控えめにします。
  • 味付けされた料理には醤油などの調味料をかけないようにします。
  • 動物性脂肪が少ない食事を心掛けます。

 - 高血圧の食事

PC用

PC用

  関連記事