高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

高血圧を下げる食物繊維

食物繊維は塩分の吸収を抑えて高血圧を予防改善する働きがあります。水溶性食物繊維は腸内の老廃物や有害物質の吸収を妨げて便として排出させますから、高血圧の予防改善だけでなく、糖尿病や動脈硬化の予防にもなります。不溶性食物繊維は高血圧に悪影響を及ぼす便秘を予防改善します。

高血圧の予防改善として、水溶性食物繊維の中でもアルギン酸(海藻類のぬめり成分)は顕著です。アルギン酸は食品中でカリウムなどのミネラルと結びついて存在し、胃中で胃酸の影響を受けてカリウムを放します。
このカリウムは腸から吸収されて血液中のナトリウムをは追い出す働きをします。また、カリウムが離れたアルギン酸は小腸でナトリウムと結びついて排出されます。これらの作用は一種のイオン交換反応ですが、ナトリウムを排除することで血圧を下げます。

血圧の上昇を防ぐといわれる水溶性食物繊維には、アルギン酸(海藻類)、ペクチン(柿・リンゴなどの果物)、グルコマンナン(こんにゃく)、ムチン(山芋)などがあります。

高血圧改善予防に効く食材:食物繊維を多く含む食品

  • 穀類:オートミール、小麦胚芽、玄米、そば
  • 芋類:こんにゃく、さつま芋、里芋、ジャガイモ
  • 豆類:大豆、小豆、インゲン豆、えんどう豆、そら豆、枝豆、納豆、おから、栗、落花生(ピーナッツ)、クルミ、ゴマ
  • 野菜類:アスパラ、うど、かぼちゃ、ごぼう、筍、パセリ、ブリッコリー、キャベツ、小松菜など殆どの野菜
  • 果物:バナナ、梨、イチゴ、りんご、グレープフルーツなど殆どの果物
  • 茸類:椎茸、エノキダケ、なめこ、キクラゲなど殆どの茸類
  • 海藻類:海苔、わかめ、ひじき、昆布、ところてん、寒天など殆どの海藻類

 - 高血圧の食事

PC用

PC用

  関連記事