高血圧情報館

高血圧の症状原因治療予防改善や合併症など高血圧症についての情報です

高血圧改善予防に効く食材

高血圧改善予防に効く食品食材としては、実際に血圧を下げる直接的な効果がある食べ物や、血管強化や血栓予防をすることなどで間接的に血圧を下げる効果がある食べ物は数多くあります。

カリウムを多く含む緑黄色野菜や果物は血液中の塩分を排出する効果のある食べ物です。ルチンを含む蕎麦(そば)やケルセチンを含むタマネギ・納豆・ごま・魚介類・海藻類・はちみつなど高血圧に効く食品は多いです。

旬の食べ物・食材と一年中使える食材を組み合わせて、高血圧に有効で豊かな食生活にしましょう。

1年中使える食材で高血圧の予防改善

  • もやし:モヤシの豆と芽の部分は食物繊維が多く、カルシウムやカリウムも含まれ、他野菜に比してたんぱく質も多いですから高血圧に有効に働きます。
  • ごま:ゴマ全体の半分以上が脂質で不飽和脂肪酸を多く含みます。リノール酸はストレスに対抗するホルモンの分泌を活発にしますし、高血圧に効果のある食物繊維も豊富です。
  • あずき:小豆は食物繊維が非常に豊富で、皮に含まれるサポインは高血圧予防に効果的です。
  • そば:蕎麦はたんぱく質が豊富で、ルチン(ビタミンPの一種)を含み毛細血管を丈夫にする働きがあります。
  • 大豆:大豆はたんぱく質が豊富で、血管内の中性脂肪やコレステロールを洗い流すなどする働きのあるレシチンを含みます。
  • ワカメ:ワカメは血圧降下作用のあるカリウムを多く含み、ワカメ特有のぬめり(食物繊維のアルギン酸)は胃内でカリウムを放出したり小腸でナトリウムと結合して余分なナトリウムを排出するなどします。
  • こんぶ:昆布は血圧降下作用のあるカリウムを多く含み、ラニンという血圧降下物質も含みます。
  • ひじき:ひじきはカルシウムやカリウムなどのミネラルを多く含み、食物繊維も豊富です。

 - 高血圧の食事

PC用

PC用

  関連記事